脳と環境との直接対話を可能にする基礎研究グループ

身体という制約を受けないで脳が環境と対話するためのインターフェイスを開発する事を最終的な目標とし、その実現に向けたプラットフォームを提供する研究グループです。

キーワード: ブレインマシンインタフェース / バイオニクス/ バイオロボティクス / 脳内情報処理 / 神経情報復号



 近年、神経工学という分野が芽生えつつあります。具体的には、神経線維を人工物で置換したり、人工的なセンサーからの情報を脳に入力したり、あるいは脳から情報を復号してロボットアームを制御したりするというものです。本研究グループは、神経工学の発展に寄与するべく、志を共にした学内の各分野の専門家から構成されています。感覚情報の処理メカニズム、腕運動制御や言語処理の脳内メカニズムの解明を推進することによって、情報の適切な入力方法あるいは情報の適切な復号方法の確立を目指すと共に、適切な入出力デバイスの開発に取り組んでいます。
メンバー所属専門分野

宮下 英三(研究総括)生命理工学院・准教授システム神経科学
赤間 啓之リベラルアーツ研究教育院・准教授認知言語学
金子 寛彦工学院・教授心理物理学
中本 高道工学院・教授センサ工学
八木 透工学院・准教授神経工学
葭田 貴子工学院・准教授ヒューマンインタフェース
辻 俊明埼玉大学工学部・准教授センサ工学
林 隆介産業技術総合研究所人間情報研究部門・研究員システム神経科学
深山 理東京大学大学院情報理工学系研究科・助教神経工学
三宅 力東京慈恵会医科大学医学部・客員教授形態発生学