創薬技術革新

次世代低分子医薬品・核酸医薬品・ペプチド医薬品・バイオ医薬品開発に向けた創薬技術革新を目指す若手研究者の産学連携研究会

キーワード: 治療標的探索 / リード分子開発 / リード最適化/ 製剤 / 前臨床開発



 いま「革新的医薬品を創りたい」と思った時に、どれだけの人的ネットワークが必要でしょうか?

 創薬技術の発展により、従来の医療技術では対応できなかった疾患への創薬も可能になりつつあります。一方で、創薬研究にはこれまでに類を見ないほど幅広く、かつ、高度な専門知識が求められるようになっています。しかし、個人個人の研究者の知識や技術には限界があります。そのため斬新なアイデアによる革新的創薬を実現するためには、多様な専門分野を持った研究者同志が有機的に協創することが必要不可欠です。

 私たちは、創薬イノベーションを牽引する知の協創組織「Drug Discovery Cloud(ドラッグディスカバリー・クラウド)」の構築に向けて、産学若手研究者の参加を募ります。

・ 創薬技術革新グループのwebsiteはこちら


メンバー所属専門分野

門之園 哲哉(研究総括)生命理工学院・助教ペプチド医薬品
金森 功吏生命理工学院・助教蛍光プローブ
口丸 高弘生命理工学院・助教病態イメージング
坂野 大介生命理工学院・助教細胞分化制御
重田 雅之生命理工学院・助教低分子医薬品
古田 忠臣生命理工学院・助教分子シミュレーション
正木 慶昭生命理工学院・助教核酸医薬品
佐藤 伸一科学技術創成研究所・助教バイオ医薬品
石田 忠工学院・准教授マイクロ流路デバイス