治療·診断法開発

キーワード: ナノメディシン・ナノバイオマテリアル/再生医療/AI診断/中分子創薬/生体イメージング



 超高齢化社会が抱える課題の内、医療費の高騰は対処すべき主要課題のひとつです。がんは我国の死亡原因の第1位であり、有効な治療法がない疾患には再生医療が注目されています。我々は、それらの疾患を念頭に置いて、最先端の技術や高機能性材料を用いて安全・安価・簡易な、しかし画期的な治療法・診断法の開発をめざし、ナノ腫瘍封止デバイスの開発、革新的ナノメディシンの構築のための機能性分子の開発、効果に優れ副作用の少ないスマート機能型ナノメディシンの開発、診断と治療の一体化を実現にするセラノスティックナノメディシンの開発、ヒト多能性幹細胞を利用したヒトモデル細胞の創薬応用、中分子抗体代替分子の開発、新規材料を用いた細胞内特定チロシンホスファターゼ活性測定による診断治療法の開発、AIを用いたスマート診断法や次世代イメージング技術・機器・造影剤の開発などを行っています。
メンバー所属専門分野

近藤 科江(研究総括)生命理工学院・教授低酸素腫瘍、生体イメージング
粂 昭苑生命理工学院・教授幹細胞生物学·再生医学
藤枝 俊宣生命理工学院・講師ナノバイオマテリアル
門之園 哲哉生命理工学院・助教タンパク質工学
中村 浩之科学技術創製研究院・教授ケミカルバイオロジー、中性子捕捉療法
西山 伸宏科学技術創製研究院・教授ナノメディシン·生体高分子
中村 健太郎科学技術創製研究院・教授光・超音波センシング、パワー超音波
鈴木 賢治科学技術創成研究院・教授AIと医用画像
和田 裕之物質理工学院・准教授光材料化学