2017年6月6日

第2回 LiHubフォーラム

アカデミア創薬イノベーション





 国立大学法人東京工業大学の生命理工学院は、国内で最多の研究室(75研究室)を擁し、生命科学と生命工学を広くカバーしている学術組織である利点を活かして、同分野の最先端と社会・産業とを橋渡しする協創の反応場「生命理工 オープンイノベーションハブ(LiHub)」を設立致しました。LiHubには、社会に還元できると想定した分野テーマごとに複数の研究室が集結した10の研究グループが現在存在し、今もなお企業からの要望に応じて、新しい研究グループが発足を計画している段階です。

 LiHubの活動の一つである「LiHubフォーラム」は、LiHub研究グループが各々に目指している産学連携のビジョンを広く企業の皆様と共有させて頂くだけでなく、さらにそのビジョンに対する企業や社会の皆様からの率直なご意見をフィードバックして頂く協創のファーストステップと位置付けています。

 第2回となる今回のLiHiubフォーラムでは、アカデミア創薬を目指す産学若手研究者で構成されるLiHub「創薬技術革新グループ」が中心となり、アカデミア創薬の第一人者である三名の研究者を講師としてお招きし、アカデミア創薬が社会に貢献する実践的なアプローチに焦点を当て、大学研究者という立場で創薬を進めてこられたご経緯やご経験をお話しいただきます。

 またご講演後は、参加者の皆さんが、「創薬技術革新グループ」を含むLiHub研究グループと意見交換できるポスターパネル発表と交流会を開催し、双方向コミュニケーションの場を設けます。奮ってご参加ください。

pdf版はこちら


概要

日 時:2017年6月6日(火)13:30 ~ 16:50 (講演会・ポスター:無料)
                17:00 ~ 18:30 (交流会:参加費 2000円)

会 場:東工大蔵前会館 ロイヤルブルーホール
     〒152-0033 東京都目黒区大岡山2丁目12−1
     東急大井町線・目黒線 大岡山駅 より徒歩1分

定員:100名(事前参加の締切日:6月2日。定員を超えた場合は、抽選とさせて頂きます)


プログラム


13:00〜 受付開始

13:30〜13:35 開会挨拶
 三原 久和  生命理工学院長

13:35〜13:55「Drug discovery cloudによるアカデミア創薬の促進」
 LiHub創薬技術革新グループ 代表 門之園 哲哉

13:55〜14:35「特殊ペプチド創薬イノベーション」
 菅 裕明 先生
 東京大学大学院理学系研究科 教授、ペプチドリーム株式会社 社外取締役

14:35〜15:15「新たな基盤技術:人工塩基対による遺伝情報の拡張技術とその医薬への応用」
 平尾 一郎 先生
 Team Leader, Institute of Bioengineering and Nanotechnology, A*STAR

15:15〜15:30 コーヒーブレイク

15:30〜16:10「核酸医薬への有機化学的アプローチ」
 和田 猛 先生
 東京理科大学薬学部生命創薬科学科 教授、WAVE Life Science Ltd., Founder

16:10〜16:20 次回フォーラムのご案内 
 LiHubゲノム合成フロンティアグループ 代表 相澤 康則

16:20〜16:50 LiHubグループによるポスターパネル発表(個別相談・意見交換)

17:00〜18:30 交流会(ポスターは掲示したままです。ドリンク・軽食をご用意します)






アクセス



〒152-0033 東京都目黒区大岡山2丁目12−1

各線(東急大井町線・目黒戦) 大岡山駅 より徒歩1分



協力

一般社団法人 蔵前工業会

株式会社 みらい創造機構